子育ての極意!子どもに「ごっこ遊び」が必要なわけ3つ

子どもは「ごっこ遊び」が大好き

子育てをしている方であれば経験のあることかもしれませんが、子供というのはとにかく「ごっこ遊び」が大好きです。家の中であろうと、公園であろうと、学校であろうと、場所も時間も問いません。何かそれらしい道具があれば、すぐにごっこ遊びを始めるのです。女の子に多いのが「おままごと」ですが、これもごっこ遊びの一つです。では、小さな子どもは、なぜそれほどごっこ遊びが好きなのでしょうか。そして、ごっこ遊びが子育てに必要なわけとは、何なのでしょうか。

人との関わり合い方を学ぶ

子どもがごっこ遊びをしている時に気が付くのが、きちんと役割分担をしているということです。役になりきって遊んでいる姿は、大人顔負けと言えるでしょう。テレビで見た場面や、両親などが行っていることを模倣することが多く、びっくりするほどよく観察していることが分かります。実は子どもは、ごっこ遊びをすることによって、人間同士の関係性というのもを学んでいるのです。子どもは真似が好きですので、言動には気を付けた方が良さそうですね。

遊びを通じて想像力が豊かになる

ごっこ遊びというのは、場所を選ばないということを最初にお伝えしましたが、子どもの想像力というものは非常に素晴らしく完成豊かです。ちょっとした段差を机と椅子に見立てたり、道路を川や海に見立てたり、小さなスペースにも関わらず実に正確に家の間取りを再現したりするのです。このような遊びを続けることによって、想像力が育まれていくのです。一見たわいもない遊びに見えますが、すでに創造性を発揮する場となっているのです。

木のおもちゃのままごとは、子供が安全に遊べる自然素材のおもちゃとして人気を集めています。優しい風合いや手触りが魅力です。