節約にもなる!結婚指輪は2人で手作りしよう!

オリジナルと手作りは違う!

結婚指輪は、既製品とオーダーメイドと手作りに分けられます。オーダーメイドと手作りって一緒じゃないの?と思うかもしれませんが似ているようで違うんです。オーダーメイドは、デザインを決めて注文をしてそこから業者さんが作ってくれることです。手作りは、自分たちでデザインを決めるのは一緒ですが、指輪の素材を選びデザインをした形に削ったり掘ったりして2人で指輪を作りあげていきます。2人で作り上げるので思い入れも倍ですね。

手作りの平均的な値段は?

シンプルなプラチナの既製品の結婚指輪を購入すると、ペアで平均で20万円くらい。手作りでは、ペアで15万円ほどといわれています。ざっと見ただけでも、5万円も安くすませることが出来ますね。結婚費用や、新婚旅行、新生活には意外にお金がかかるものですよね。既製品でも手作りでも指輪の価値は同じです。結婚指輪を手作りすることで、費用を節約することが出来るし一緒に1つのものを作り上げることで2人の絆も深まりますね!

手作りはなぜ安くできるのか?

なんで手作りの結婚指輪は安く出来るのか、不思議に思いますよね。自分達でデザインして作るから、手間もかかっているから費用もかかりそうな気がしますが基本自分達で作りますよね。既製品の指輪は、デザインや作り上げる工程、販売するお店といくつも工程がありますよね。その分人件費がかかってきますね。手作りをすればその人件費をカットすることができますね。より、安くすませたい場合は宝石などを使わない、細身のデザインにするなどシンプルな指輪にすれば予算内に材料費をおさえることができます。

結婚指輪を手作りすることで、既製品とは違った風合いを楽しめるため、オリジナリティ溢れる仕上がりを目指せます。