今風!?デジタルとアナログの写真の残し方対決!

最近の写真の残し方!

写真というのは、心にある思い出を形として残したものです。その写真をどういう方法でのこしていくかは色々な方法があります。ネット社会のデジタルな世の中になった今では、形として残すよりもデータ化して残すという方がコンパクトだしスマートだということで多くの人がその方法で残しています。パソコンやUSBなどにうつしていつでも見ることができるし、沢山の写真を残しておくことができる点でも魅力です。手作りに比べて手間がかかりません。

昔ながらの写真の残し方

一方で、昔ながらの技法で写真をあえて残したいと思う人もいます。手作りでアルバムを作り、写真を張ってメッセージを書いて作りあげているのは、それはそれでとても魅力的な宝物になるでしょう。ですが最近はデータ化が進んでいるのでそのように手間をかけて作る人は明らかに減ってしまいました。手作り程愛情のあるものはないのに、面倒だという理由でデータに頼っている人が大勢いるのは残念な話です。この作業は決してムダな作業ではありません。とても素敵なことです。

結論的にはどちらがいいのか

結果どちらの方法がいいのか、その間の方法はないのかと考えてみると、データ化している写真をフォトブックという方法で残すというのが今流行っています。メッセージなども全てパソコンやケータイからも出来るようになって手軽に自分でフォトブックを作ることができます。手作りには劣りますがそのクオリティーは高く、作る価格も比較的安いです。パソコンで自分で全てやれば安いですが、店頭などで作業するのは意外とコストがかかりますのでその点などもよくリサーチをしてから計画を立てましょう。

祖父母へのプレゼントとして人気なのが、お孫さんの成長を記録したフォトブックです。今はスマホでも編集が可能なので、気軽に作れます。